画材と作業工程

こんばんは!

今回は、以前からちょくちょく聞かれていた

絵を描く時に使っている画材や、

作業工程を紹介したいと思います✍🤨

 

まず、使っている画材ですが、

マルマン ニーモシネのA5サイズのノートに

ゼブラテクトツゥーウェイシャープを使って下描きをしています✍

下描きの時は、ユニナノダイヤのミントブルーのカラー芯を使っています。

黒で下描きしちゃうと、ペン入れのときに下描きの線と本描きの線がわからなくなっちゃったりするので、わたしはミントブルーのカラー芯を愛用しています!

消しゴムでもちゃんと消えてくれてとても優秀💪

ペン入れは、サクラクレパスのピグマというペンを使っているのですが、

このペンはすぐ乾いて滲まないので、せっかちなわたしはめちゃめちゃ重宝してます。

 

次に作業工程、

ペン入れの終わった線画を

“CamScanner”

というアプリを使ってスキャンしていきます。

次に、スキャンした線画をパソコンに移して着色していきます。

わたしは、

“CLIP STUDIO PAINT”

というソフトを使って着色してます!

スマホのアプリでも十分にイラストを描けるものがあるので、

パソコンがない方は、そういうアプリを試してみるといいかもです🤔

 

最後に、着色工程です。

線画抽出

着色(ベタ塗り)

線画の色を変える

というのが、わたしの着色の流れです。

最後に線画の色を変えることで、着色した所と線画が馴染む気がして、わたしは好きです。

 

説明が長くなりましたが、こんな感じでいつも絵日記を描いています!

少しでも、

『わたしも絵日記描きたいけど、どういうふうに描いたらいいかわかんない…』

っていう人の参考になれたらいいなと思います😌

 

mii

Advertisement